依存

生きるための手段としての依存症

若者を取り巻く依存症としてネット・ゲーム依存、摂食障害が話題になっています。依存症は、アルコール依存、ギャンブル依存なども知られていますが、それらは本人の意志が弱いからと思われがちです。しかし、本人にとってはその依存対象がなければ生きていられなかった場合すらあります。
依存症になる背景、またどうすればそこから立ち直れるかについて、理解を深めます。

  • コーディネーター
    • 石上 里美
      西山クリニック 精神保健福祉士
  •  スピーカー
    • 西山 仁
      西山クリニック 院長