発達特性

発達の凸凹を活かす、自分づくりと環境づくり

「発達障害」であることは、なにも本人が悪いわけでも、家族が悪いわけでもありません。「発達障害=生きづらさ」としてとらえるのではなく、前向きに活用していくにはどうしたら良いのでしょうか?自分自身の特性をよく知ること、周囲がその特性を理解すること、特性を仕事や生活にどう活かすのか?など、ゲストもお招きしながら、参加者と一緒に考えていきます。

  • コーディネーター
    • 中塚 史行
      NPO法人教育サポートセンターNIRE
    • 澤井 直樹
      NPO法人えとせとら
  •  スピーカー
    • (調整中)
  • コメンテーター
    • 山本 耕平
      立命館大学